使える資格・社会保険労務士編

社会保険労務士は、独立開業型の資格で、今人気の高い資格です。
そのため将来的にはライバルが増えてくる可能性がありますが、
それでも非常に使える資格である事には間違いありません。

それでは、社会保険労務士はどのような仕事かと言うと、
主に企業で働く労働者を法律的な観点からサポート致します。

例えば、
●給料計算
●労働・社会保険の手続き
●就業規則の作成・立案
●労働問題トラブル解決
●社員教育・研修の指導
●その他人事コンサルティング

など、労働者に関することをトータル的に行ないます。
つまり、企業の人事や労務のお仕事というイメージです。

その他にも社会保険労務士は、年金に関する専門家でもあるので、
個人から年金の相談や請求などのアドバイスも致します。

次に働き方ですが、基本的に社会保険労務士は独立開業の資格で、
自分で事務所(自宅でも良い)を構え、仕事をしていきます。
その場合でも、開業資金はほとんど必要なく、自分ひとりで自宅でも仕事をする事が出来ます。

また、社会保険労務士は独立開業型の資格でありながら、
企業に就職して仕事をする 勤務社会保険労務士もいます。
その数は、全体の3割ほどと言われています。
ただ、企業で働く以上、通常の会社員と同じ待遇になるので、
社会保険労務士だからといって特別な扱いを受ける事はありません。

最後に社会保険労務士の年収ですが、厚生労働省の調査によると、
平均760万円といわれ、これは数ある資格の中で、5番目に高い年収になります。

しかし、それはあくまでも平均ですし、調査の仕方によって数字が全然違うので、
鵜呑みにしてはいけない数字です。

どの資格・仕事にも言えますが、今の日本の所得の構造は、
極端に高い人と低い人に2極化され、上下の差が激しくなっています。

ですので、実際は、平均年収に達していない人がほとんどで、
一部の人がかなり高い年収を稼いでいることになります。

ただ、誤解のないように申し上げると、
別に社会保険労務士が稼げないと言っているのではありません。
というよりも他の資格・仕事に比べ稼げる資格と言えます。

現に年収2000万円を超える社会保険労務士は沢山います。
ただ、現実に今の日本の所得の構造をそうなっていると、理解してほしかったのです。

続き>>行政書士編