使える資格ランキング

第1位 社会保険労務士
年収や仕事の需要・試験の難易度など総合的に考えて今一番使える資格です。
企業の人事や年金に関する仕事なので需要が高く、企業と顧問契約を結ぶケースが多いので、
継続的な安定した収入を確保する事も可能です。

また、試験の難易度もそこそこ高いので、それほど有資格者が急激に増えるとは考えにくく、
需要が飽和する事はないと思います。
ただ、取引先が企業なので、新規顧客を獲得するのは若干難しいかも知れません。
(それはどの資格も同じ)
⇒社会保険労務士の詳しい詳細

第2位 行政書士
仕事の市場が大きく、短期間でも爆発的に稼ぐ事が出来ます。
現に、行政書士と社会保険労務士の資格を選ぶ人は、
安定して稼ぎたい人は社会保険労務士、
短期間で年収を上げたい人は行政書士を選ぶ傾向にあります。
ですので、とにかく稼ぎたいと思う人は行政書士がおすすめです。
⇒行政書士の詳しい詳細

第3位 宅建
独立開業型の資格ではないので、高額な年収や自由なビジネスライフと言うわけにはいきませんが、それでも一定の需要があるので、就職や転職の武器になります。
また、宅建は不動産以外の分野でも重宝されるので、何の資格を取得しようか迷っていれば、
宅建を検討するのも良いと思います。
⇒宅建の詳しい詳細

第4位 通関士
通関士は、海外と取引をする企業には必要な知識になるので、
就職に有利になる資格です。
特にこれからはさらにグローバル化が進むので、より重要視されてきます。
ただ、通関士の資格を取得しても通関士になれるかわからないという事もあります。
⇒通関士の詳しい詳細

第5位 ファイナンシャルプランナー
それほど歴史がある資格ではないので、まだまだ未知数な面があります。
ただ、金融業で働く事を希望しているのなら、必要な知識になり、
独立開業して成功している人も増えてきました。
こらから伸びる可能性のある資格と言えます。
⇒ファイナンシャルプランナーの詳しい詳細

第6位 簿記
一昔前のように簿記の知識があれば就職に有利になるということは少なくなりましたが、
会計の基本的な知識が身に付くので、ビジネスマンとしてのスキルアップになります。
また、将来税理士を目指す方は、必ず取得しなければいけない資格でもあります。
⇒簿記の詳しい詳細

続き>>独学について