使える資格・行政書士編

行政書士は独立開業型で、法律系の資格の中で、とても人気の高い資格です。
過去何度か人気ドラマのテーマにもなったので、ご存知の方も多いと思います。

それでは行政書士の仕事を紹介すると、
基本的には、行政に提出することが必要な書類や法律の知識が必要な書類を作成致します。

例えば、
●会社設立
●飲食店・風俗店
●建設業許可
●遺言書・相続
●車庫証明
●就労ピザ
●農地法関係
などその数は1万種類を超えます。

これらのような書類を法人・個人から依頼を受けて、作成し、代理提出していくのです。

次に働き方ですが、行政書士は基本的に独立して仕事をしていきますが、
中には行政書士事務所に就職したり、 企業に就職する方もいます。
ただ、それはまれなケースで、ほとんどの方は独立開業します。

そして、皆さんの気になる行政書士の年収ですが、
結論からいうと、わかりません。

何故なら、きちんとした機関が行政書士の年収を調査したことがないからです。

ただ、一つだけ言えるのは、行政書士はもの凄く稼げる資格で、
2千万円や3千万円はごろごろいますし、
高い人なら5千万円を超えている人もいると聞きます。

しかし、インターネット上や世間的には、
仕事がないとか、まったく稼げないと言う人が多いのです。
そして、大抵の人はそうした情報を鵜呑みにして、行政書士は稼げないと思い込んでしまいます。

しかし、そうした人たちは、表面的なことしか知らず、本当に稼いでいる行政書士を
知りません。
現に私もそうでしたが、実際に稼いでいる多くの行政書士と会う内に
本当に稼げる仕事だと実感しました。

一概には言えませんが、今回紹介した社会保険労務士よりも、爆発力という点では
行政書士の方が稼げます。

ですので、理解が浅い一般的な声を聞かず、是非行政書士にチャレンジしてほしいと思います。
実際は世間で言われていることの逆の方が、成功する人が多いものです。

続き>>ファイナンシャルプランナー(FP)編