資格学習の基本その2

次に資格学習で重要なのは、復習です。
この復習で学力の差が生まれるといっても過言ではありません。

そこで、まずは復習の必要性を理解して下さい。

皆さんもご存知のように人間の脳は忘れやすく出来ていて、
一度や二度聞いただけのことは中々覚えられません。

わかりやすい例でいうと、英単語です。
英単語のような普段聞きなれない言葉を覚える場合、何度も繰り返し声に出して読んだり、
書いたりしていたと思います。
仮に1度だけしか勉強しなかったら、すぐに忘れてしまいます。
もちろん、それは英単語に関わらず、資格学習にも言えます。

しかし、一概に復習といっても闇雲に覚えるだけでは中々身になりません。
例えば、専門用語をひたすら書いたり、読んだりです。
もちろん、そうした学習でも覚えられない事はありませんが、 非効率です。

そこで、おすすめしたいのは、五感を使うことと、問題を解きながら復習する方法です。

五感を使うと言うのは、皆さんもご存知のように、
聴覚、視覚、嗅覚、嗅覚、触覚を利用することです。

例えば、声に出した、書いたり、見たり、聴いたりです。

これらのようなことを意識しながら、学習すれば記憶効果が高くなります。
具合的には、講義を視聴しながら学習することです。

講義なら、視覚と聴覚を使えますし、声に出したり、書いたりしながら
勉強する事も出来ます。

次に問題を解きながらですが、 問題を解くことで覚えた知識をどのように使うか考えるので、
記憶しやすくなりますし、間違えるとまたさらに覚え、より記憶に残りやすくなります。

また、問題を解けばただ単調に覚えるだけの学習に比べ、
楽しみながら勉強していくことできるので、モチベーションも高くなります。

上記2つを意識して資格学習を進めて下さい。

続き>>学習の基本その3