使える資格・ファイナンシャルプランナー(FP)編

ファイナンシャルプランナーは、企業に就職して働きますが、
最近では独立開業するケースも増えてきました。
そして、このファイナンシャルプランナーは、元々アメリカの資格で、日本に上陸して
それほど歴史があるわけではありませんが、
今爆発的にその知名度を伸ばしています。

それではファイナンシャルプランナーの仕事を紹介していきます。

ファイナンシャルプランナーは、金融の専門家で、
その知識を活かし、各家庭の資産設計を行ないます。

例えば、
●住宅ローン
●教育ローン
●セカンドライフ
などに関することを、収支と支出、資産、負債、保険、税金など
あらゆる観点から分析して、顧客に最適な提案を致します。

そのため、以前社会問題となった住宅ローンが払えない、老後の資金が心配などということを
極力取り除く事が出来ます。
特に現在のように不況の世の中だと、多くの方がお金に関する悩みを持っていて、
ファイナンシャルプランナーへの相談が後を絶たないと聞きます。
ですから、今非常に人気の資格なのです。

次にファインシャルプランナーの働き方ですが、
保険・銀行・不動産などの会社に就職して働いていきます。
特に保険業界では、ファインシャルプランナーの資格は必須と言っても良いくらい必要とされています。

また、現在では独立開業するファインシャルプランナーも増えてきました。
独立開業すると、様々な会社の金融商品を取り扱え、顧客に最適な提案を出来るので、
仕事のしやすさがあります。
これが企業に就職すると、どうしても自社の商品の提案だけになり、
それが顧客にとって最も良いとは限りません。
ですので、独立開業したほうが良いと言う方もいます。

最後にファイナンシャルプランナーの年収ですが、
業界や勤務する会社によって異なるので、いくらとは言えません。
中には、1千万円を超える方もいるでしょうし、300万円くらいしか稼げない人もいるはずです。
ただ、ファイナンシャルプランナーは金融の仕事で、
この業界は、金融不況と言われていても、他の業界より年収が高いことで有名です。

また、独立開業して1千万円を軽く超える年収を稼いでいる人もいます。

ですので、年収いくらとはいえませんが、本人の努力次第で、
稼げる資格であることに変わりません。

続き>>宅建編