使える資格・簿記編

簿記は国家資格ではありませんが、全ての資格で最も知名度が高い資格と言えます。
ですので、このサイトを見ているあなたの中にも簿記を持っている方がいるかも知れません。

それでは簿記の仕事の説明をしていきます。

簿記は会計の知識を活かし、企業の経理で働くことになります。
例えば、
●資金管理
●財務諸表の管理
●伝表のチェック
●予算作成
●納税
など細かく言えばまだまだあります。

実際に仕事をしてみないと中々イメージできないと思いますが、
一番わかりやすく言えば、家計簿です。
家計簿も家庭の立派な経理の仕事です。

次に働き方ですが、上記で説明したように、簿記は企業の経理で働くことになります。
しかし、現実は、簿記の資格を持っているから、経理で働けるとか、就職に有利とか
と言うことはあまりないようです。

ですので、簿記を紹介しようかかなり迷いました。

しかし、簿記は社会人として働く以上、スキルアップになる資格です。
特に将来経営者になりたいとか、出世したいとかという人は是非学んで欲しい知識です。
何故なら、成長している企業で会計がおざなりの企業はないからです。

逆を言えば、会計のしっかりとしている企業は、業績が順調だと言えます。

それだけ会計は企業にとって重要で、その知識がなければ、
ビジネスマンとしての能力に疑問が付けられるくらいです。

最後に簿記の年収に関してですが、これもまちまちなので、いくらと言う事は言えません。
しかし、上記で説明したように簿記の知識は、あなたの年収を上げるための手助けをしてくれ、
仕事の出来るビジネスマンとして活躍することが出来ます。

会計は、企業の経営の基礎知識になるので、是非一度学んでほしいと思います。

続き>>社会保険労務士の難易度編